将来の夢を叶えませんか|ピアノレッスンで自分の腕をあげよう|情報収集がカギ
レディ

将来の夢を叶えませんか

スイーツ

普通科ではない選択

現在は、ほとんどの子供が中学を卒業すると高校に進学します。ただ進学先については普通科を選択する子供が多くいます。その理由としては、まだ自分が将来何をしたいか決められないからです。高校3年間を過ごすうちに将来の目標を決めます。高校は義務教育ではありません。もし中学3年生の時に、自分が将来何になりたいか決める事ができるのなら、その勉強ができる高校に進学することが大切です。製菓に興味のある方は、ぜひ製菓の勉強ができる高校に進学することをおすすめします。製菓の学校というと、専門学校をイメージする方がほとんどです。保護者の方は、高校の普通科で学んだあとに、製菓の専門学校で勉強をしてプロを目指せば良いのではないかと考える方がほとんどです。

早くスタートする事が重要

高校を卒業してから製菓の専門学校で学ぶという方法も間違いではありません。しかし、この世界でプロとして生きていきたいと思うのなら、少しでも多くの技術を学び、経験を積む事はとても大切な事です。専門学校というのは、ほとんどの場合2年間です。それよりも短い場合もあります。高校なら3年間製菓を学ぶことが出来ます。目的があるのなら、少しでも早くスタートラインに立ち勉強を始める方が有利です。ほとんどの子供が全くの初心者から製菓の勉強を始めます。実習を中心にした授業で製菓のプロの方から技術を学ぶことが出来ます。製菓の学校は全国に多くはありません。自宅から通えない場合、寮などがあるか確認することも大切です。また学校の設備も確認する事をおすすめします。ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。